寝ないと病気になる(こだまさんZINE)
5ba37952a6e6ee5d73000003 5ba37952a6e6ee5d73000003 5ba37952a6e6ee5d73000003 5ba37952a6e6ee5d73000003

寝ないと病気になる(こだまさんZINE)

¥500 税込

送料についてはこちら

ZINE(同人誌)シリーズ第三弾。書店員関口竜平さん製作による作家「こだまさん」をモチーフにした往復書簡&写真集です。ご注文数1個につきZINEが1冊入っています。ちなみにZINEはザインではなくジンと読みます。(語源はManazineのzine) こだまさん@eshi_koは、田舎出身田舎育ち田舎在住の主婦、そして私小説「夫のちんぽが入らない」やエッセイ集「ここは、おしまいの地」などで有名な作家。20代後半よりWeb日記やブログ等を通じてネット上に文章を書き始めユーモア溢れる内容とその人柄で人気を集める。多くの人が内容を盛ったりネタに走ったりしがちな中で常に落ち着いたテンションと美しい文体は当時からの特長。その後のブログ文化の衰退やSNSの流行、あるいは個人的な理由等により多くの人がネット上で文章を書く事を辞めていく中で、こだまさんは自身の病気や旦那さんの仕事の都合等で職場や住居等を転々としながらも文章だけは変わらずに淡々と書き続ける日々を送る。 2014年には一念発起の上ネット大喜利の仲間と共に「文学フリマ」に初参加。初の同人誌「なし水(すい)」は即完売になると共にその中に掲載された短編「夫のちんぽが入らない」が各方面に大きな衝撃を与える。その後は同人誌の活動と並行して商業誌へのエッセイ等の寄稿も開始。そして2017年に担当編集高石さんの後押しのもと大幅加筆修正の上書き上げた私小説「夫のちんぽが入らない」を刊行。発売後1週間で11万部を突破しTVメディアでも取り上げられるなどの大きな話題となる。続いて2018年にはエッセイ集「ここは、おしまいの地」を刊行し第34回講談社エッセイ賞を受賞。現在も「夫のちんぽが入らない」の漫画版(作画:ゴトウユキコさん)が週刊ヤングマガジンで連載中。更には文庫版の発売に実写ドラマ化、累計20万部突破などこだまさんの快進撃は現在進行形で続いている。 ☞『夫のちんぽが入らない』特設サイト https://www.fusosha.co.jp/special/kodama/ ☞『ここは、おしまいの地』特設サイト http://www.ohtabooks.com/sp/oshimai/ 本商品は、そんなこだまさんを激推しする書店員関口竜平さんが、こだまさん本人と担当編集高石さんの協力を得て製作したZINE(同人誌)となります。 関口竜平さん‪@gucchi_penguinは、書店と出版社で働きつつ自分の本屋‬lighthouse‪の準備をしている千葉県幕張市在住の書店員。‬出産予定日よりも1ヶ月以上も早く母親の腹(股)から飛び出し、余りの勢いに助産師さんが受け止めきれずにベッド下へ落下、生誕即死にそうになる。その後一歳を超えても1人で歩こうとしない関口さんを「こいつ甘えてるだけでは?」と疑った母親が繋いでいた手を離すといきなり公園を1周したという程のエピソードの持ち主です。‪現在はDIYで実店舗(小屋)を建築すべく奮闘中。本に対する熱い情熱と持ち前のフットワークの軽さを活かし様々な情報を発信されています。 ☞関口竜平さんブログ https://note.mu/books_lighthouse ☞本屋lighthouseウェブストア https://lighthouse24.thebase.in 関口さんがこのZINEを作った目的の一つが「より多くの人がこだまさんの本を手に取るきっかけになれば」というものであった事から、こだまさんの十数年来の友人として少しでもお役に立てれば、また「ツイン・ピークスZINE」の推薦文を書いて貰った恩返しが出来れば、という思いから当ストアでも取り扱わせて頂く事になった次第です。 ZINEの具体的な内容は以下の通りです。 ①こだまさんと担当編集高石さんの往復書簡 普通なら目にする事の出来ない作家と担当編集者による貴重なDMのやりとりを惜しげも無く掲載。文庫版や漫画版、実写化などの裏話のほか2人の人柄や関係性なども垣間見れるファン必見の内容となっております。 ②こだま写真展 こだまさん自身の撮影による写真を本人のコメント付きで多数掲載。「夫のちんぽが入らない」発売以後のこだまさんを取り巻く状況を本人視点で確認する事が可能です。 個人的にはこだまさんの「いろんな人が関わってくれたので絶対に売りたい」という強い気持ちや担当編集高石さんがこだまさんの病状を常に気にかけているところ、関口さんが2人からセッキーと呼ばれてる辺りが熱々ポイントでした。 こだまさんによる推薦コメントは以下になります。 「たいへん物好きな書店員さんが作成しました。私と担当編集高石さんの「刃物を振り回したくなる夜」の垂れ流し、何でもない日の何でもない話、文庫や漫画や実写化の話、本が売れたらこんなことしたいという妄想。もっと中身のあるやりとりをすればよかった。通常の原稿なら全部ボツになってる冊子です。」(原文ママ) 商品名:寝ないと病気になる 通称:こだまさんZINE サイズ:A5(縦)、24ページ(表紙含む)、フルカラー 発行人:関口竜平 協力:こだまさん、担当編集高石さん 掲載写真は 1枚目:商品詳細その1 2枚目:商品詳細その2 3枚目:商品詳細その3 4枚目:参考写真 となっております。 最後に、こだまさんが世に出るきっかけになった同人誌「なし水」の仲間である爪切男さん&たかさん&のりしろさん、こだまさんの本を売ろうと日々頑張ってくださっている「夫のちんぽが入らない」の担当編集高石さん&関係者の皆様、今回この様な形でこだまさんを応援させて頂く機会を与えてくれた関口さん、そして何よりこだまさんの本を購入し読んでくださっている購読者の方々に感謝の意を表して本商品の説明を終わりにしたいと思います。皆様ありがとうございました!これからもこだまさんを宜しくお願い致します。 以上、宜しくお願い致します。消灯! (2018.9.26発売開始)