Science Fiction 缶バッジ
5b316f355a6e3a68d2000dbe 5b316f355a6e3a68d2000dbe 5b316f355a6e3a68d2000dbe 5b316f355a6e3a68d2000dbe

Science Fiction 缶バッジ

¥300 税込

送料についてはこちら

SFシリーズ第一弾。雑誌「エスクァイア2008年10月号 SF再読。」をモチーフにしたオリジナル缶バッジです。ご注文数1個につき缶バッジが1個入っています。 本商品は、「シンプルなSF缶バッジが欲しいな〜」という思いから最終的に「無かったら自分で作るしかねえ!」というバイブス⬆︎に至り自ら製作したものになります。SF好きな方にはもちろん、これからSFに詳しくなりたいという方にも「SF好きを密かにアピール出来る缶バッジ」として本商品を選んで頂ければ幸いです。尚、デザインに当たっては個人的にSF小説にハマるキッカケとなった思い出の雑誌「エスクァイア2008年10月号 SF再読。」をモチーフにしています。 雑誌「エスクァイア(Esquire)」とは、1933年にアメリカのシカゴで創刊された世界初の男性誌であり、ファッションよりもカルチャーやライフスタイル関連の情報に強いのが特徴です。日本版については残念ながら2009年5月号をもって休刊となっていますが、その約半年前に発刊されたのが本商品のモチーフとなったSF特集号「エスクァイア2008年10月号 SF再読。」です。 公式の説明文は以下の通り。 《今年逝去したアーサー・C・クラークと生誕80年のフィリップ・K・ディック、巨匠2人が遺したもの。かつては、未来を描いた「新しい」文学であったSF だが、いまや「古典」になった。SFが古典になる。それは古くなる、ということではない。未来を描いたSFが、過去の物語とつながり、未来が過去になり、過去が未来になる。-SFは未来を語れるか?》 表紙の素晴らしい写真は、アーサー・C・クラークとの共作もあるSF作家スティーブン・バクスターの書斎のスナップショット。大量のペーパーバックを背景に飛行する「宇宙船XL-5」の模型が欲しすぎてネットを検索しまくったのも今となっては良い思い出です。特集では、アーサー・C・クラークとフィリップ・K・ディックという同じSF小説の巨匠でありながらもバックグラウンドや境遇、作品の方向性などあらゆる面で異なる二人とその著書が、それぞれの生い立ちや人柄、エピソードと共に様々な角度から紹介されています。その他にも「時代でたどるSF小説60冊」や飛騨高山にかつて存在していたオモチャ屋「溜之助商店」に関する記事など大変面白く読み応えのある内容となっていますのでSF小説初心者の方にもオススメです。 内容自体も勿論素晴らしいのですが、当時の自分が最も強く惹かれたのが各ページに大きく黄色で描かれた「PKD」や「SFX」などのロゴになります。特に「PKD」については最早ロゴマークと言っても過言ではない程のカッコ良さで強烈に「SF」を感じさせられた次第です。実は長らくこれらのロゴのフォントが何なのかが分からなかった(そもそも当時はフォントという概念すら持っていなかった)のですが、今回10年の時を経て「squealer embossed font」であるという事が判明したため、「このイカすフォントを使った商品を作りたい!」と考えたのも本商品を製作した動機の一つです。 デザインに当たっては、フォント自体のカッコ良さを活かすべく余分な手はあまり加えずにシンプルに仕上げました。カラーバリエーションについても何パターンか検討してみましたが最終的には初期衝動を大切にした黒ベースに黄色ロゴの1種類のみとなっています。 商品名:Science Fiction 缶バッジ(SF缶バッジ) サイズ:直径32mm×高さ4mm 仕様:裏側フックピン方式 掲載写真は 1枚目:商品ディテール 2枚目:参考写真1 3枚目:参考写真2 4枚目:使用例 となっております。 最後になりますが、今回のフォントが「squealer embossed font」であるという事を教えて頂いたケコさん‪@kecoron に感謝の意を表して商品説明を終わりにしたいと思います。ケコさん‬!ありがとうございました! ちなみに、「エスクァイア2008年10月号 SF再読。」については、中古本をこちらから購入可能ですので、気になる方は是非チェックしてみてください。 ☞ http://ur0.work/Nb0D 以上、宜しくお願い致します。SFは未来を語れるか? (2018.11.5販売開始)