Cyber Space マグネット
58849a0e41f8e82d4a01005b 58849a0e41f8e82d4a01005b 58849a0e41f8e82d4a01005b 58849a0e41f8e82d4a01005b

Cyber Space マグネット

¥450 税込

送料についてはこちら

  • 緑色バージョン

    残り1点

  • 青色バージョン

    残り1点

Cyber Spaceシリーズ第三弾。サイバーパンク系SF映画などでお馴染みの「サイバースペース(電脳空間)」をモチーフにしたオリジナルマグネットです。「緑色バージョン」と「青色バージョン」の2種類があります。ご注文数1個につきマグネットが1個入っています。 「サイバーパンク」とは、1980年代に成立・流行したSFのサブジャンルの一つであり、簡易的な世界観の定義としては「テクノロジーの発展により人体と機械が融合し、それらを司るネットワークやギミックが高度に発達した世界」となっています。代表的な作品例としては小説「ニューロマンサー」や漫画「攻殻機動隊」、映画「トロン」「JM」「マトリックス」などが挙げられますが、それらの作品内において「人体の機械化・製品化」「ファッションとしての人体改造」「ネットワーク空間への体感的突入」「高度ユビキタス社会の発展」「3D映像等のハイテク電機製品の普及」「人工知能・ロボット・サイボーグの発達」などがガジェット(小道具、舞台装置)として登場する事が大きな特徴の一つです。 90年代以降の「サイバーパンク」は、現実世界におけるIT技術の急激な発展と爆発的普及により現実が作家達のイマジネーションを追い越してしまった事に加え、仮想現実やネットワーク世界が普遍的な概念として一般化した事により急速に沈静化・停滞化。また作品内で描かれた近未来像が現代の視点から見ると逆にチープで古臭く見えてしまうというSF的パラドックスさえも引き起こし、現在ではメインテーマやメインモチーフとして取り上げられる機会の少ないジャンルとなっています。 一方で同様のSFサブジャンルの一つとして「産業革命当時のキーテクノロジーであった蒸気機関が廃れずにそのまま発展した世界」が描かれる「スチームパンク」がありますが、こちらが現在でも関連書籍の出版が続いたりコスプレの一ジャンルとして盛り上がっているのに対し、「サイバーパンク」関連グッズや話題の少なさには以前より寂しさと忸怩たる思いを抱いており、80年代サイバーパンク系SF映画が放つある種のチープ感やB級感を心から愛する一SFファンとして「少しでもサイバーパンク感のあるアイテムを増やしたい…!」という思いから今回のCyber Spaceシリーズの製作に至った次第です。 本商品のモチーフである「サイバースペース(電脳空間)」とは、現実世界とは別のネットワーク世界に広がる仮想空間の事であり、様々なビジュアルイメージが存在するモチーフではありますが、今回はその中でも古典的且つ典型的な「上下の格子(グリッド)が奥方向へと広がっていくイメージ」を採用しました。操作グローブや電極ゴーグルを装着し肉体から離脱した意識が操作卓(コンソール)や端末機(ターミナル)を経由してネットワーク世界へと没入(ジャック・イン)する瞬間に目の前に展開される無限のデータの沃野はまさに「サイバースペース(電脳空間)」と呼ぶに相応しいビジュアルです。 格子(グリッド)の上に浮かぶ英語と日本語の文字は、夜の街にギラギラと輝くネオンサインをイメージすると共に、全体としては上下左右どちらから見ても成立する全方位型デザインを意識しています。またカラーバリエーションとしてツイッターによる事前ヒヤリングで人気を二分した「緑色バージョン」と「青色バージョン」の2種類をご用意しました。 商品名:Cyber Space マグネット(サイバースペース マグネット) 別名:電脳空間マグネット サイズ:37mm × 37mm × 5mm 仕様:裏側マグネット方式 掲載写真は 1枚目:商品ディテール1 2枚目:商品ディテール2 3枚目:デザイン詳細 4枚目:参考資料 となっております。 以上、宜しくお願い致します。没入(ジャック・イン)!! (2017.1.24販売開始)